体重加算が止まない

わたくしは昔ながらの母親をしていました。
独り眼のお産は随分煩雑な品でした。
着床糖尿を患ってしまい、ウエイトはグイグイ加算通じてしまいました。己管理がなっていないと言われたらそれまでだからすが…
腹のハリなど極めてわからず、移動を通じてありのまま切迫早産で入院。
着床糖尿病気は胎児への効果ももちろん母親カラダにも影響があります。
難産になったり、堕胎になる恐怖は増加します。
結果わたくしは、56W 9か月のあたり初期疼痛でのヘリ運送。
そこから1日間かけてのお産となりました。
保育器に入った赤ちゃんをみてたら申訳ない矜持でいっぱいになってなみだが立ち寄りませんでした。
あれから7年代。精力的に学童に通う娘。下の子どもを可愛がっていただける親切お兄ちゃん。
生んです状況思い切り「ごめんね」の矜持でいっぱいだった私の感情は今は「有難う」でいっぱいだ。

お産は奇跡だ。
いかに気を付けていったって何が起こるかわからない。
お腹の中にちっちゃないのちが付いておる。
ちっちゃないのちを続けることができるのは母親だけ。
その時点でもはやもっと奇跡です。
ちっちゃなちっちゃな作戦を掴まえるその瞬間までがんばってる。
生れてか達もそのいのちを続けるために奮闘する母親の背中は偉大でカワイイだ。
その背中を見て育つ赤ちゃんがまた次に繋がっていく。

お産から貫くその流れは、合計が奇跡だとわたくしはおもいます。xn--48jvbwbxft743admivriyw3f.net

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です